縮尺補正機能

ZEROCAD バージョン11から縮尺補正機能が追加されました。 

DWGやJWW等、別の拡張子図面を読み込んだ際、縮尺が変わってしまい、計測した値と寸法線で書かれている実際の寸法が違う場合、縮尺補正機能で全体を修正する事が出来ます。

編集から縮尺補正(赤枠部分)をクリックします。

寸法線などで書かれている部分の長さを2点でとります。

縮尺補正をするために拡大・縮小する場合、基準の位置をクリックします。

電卓が表示されるので、修正後の寸法を入力し設定をクリックします。

例では、寸法線表記上4,100ですが、3,280と計測されているので、4,100と入力します。

縮尺補正ウィンドウが表示されるので、変更する場合は任意の数値を入力します。

OKをクリックすると入力された寸法に、図面全体が拡大・縮小されます。

ZEROCADのオンラインショップはこちら

https://zerocad.sakura.ne.jp/onlineshop/order/new.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です