ZEROCADのファイル読込み、保存

ZEROCADのバージョン12では、ファイルの種類ごとに分かれていたファイル読み込みと保存が一つのコマンドから呼び出せるようになりました。

ファイル読込を行いたい場合は、図面のファイル読込コマンドを選択します。

読み込みたいファイルが保存されている場所を選び、ファイルの種類で読み込みたい種類のファイルに変更します。

DXFやDWG、JWWなどから選ぶことができます。

ファイルの種類を選択すると、選択された拡張子のファイルが表示されるので、読み込みたいファイルを選択して、開くをクリックすることでファイルを読み込むことができます。

ファイル保存したい場合も同様に、図面のファイル保存コマンドを選びます。

ファイルの種類で保存したい形式を選択し、ファイル名を変更して保存をクリックすることで、その形式でファイルを保存することができます。

ZEROCADのオンラインショップはこちら

https://zerocad.sakura.ne.jp/onlineshop/order/new.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です