ZEROCADニューライト 建築CAD

※イメージを伝え易くするため、コマンド名称に若干の変更を加えております

建築図面の作図に特化した機能

通り芯

通り芯

  • XY一括
  • 単独通芯
  • 予備芯
  • 符号
  • 芯ずれ
利用シーン
  • XY一括は、通り芯を一括で描画するための機能です(寸法線を同時に設定することも可能)
  • 単独通芯は、通り芯を一つずつ描く機能です。文字のサイズ変更や、符号の自動付加機能、連番機能などが用意されています。
  • 予備芯は、配置済みの通り芯に対し、平行の位置に複製を作る機能です。
  • 符号の部分には、連番機能が適用されます。
  • 符号は、あらかじめ引いておいた線分に対し、通り芯符号を付加させるための機能です。
  • 芯ずれは、配置済みの通り芯に対し平行の位置に、任意の方向と距離をもつ芯ずれ通り芯を描く機能です。これにより、芯ずれ通り芯に面を合わせた躯体配置が可能となります。
柱・壁

柱・壁

  • RC柱
  • RC壁
  • S柱
  • ALC壁
  • 木柱
  • 木壁
  • 軽鉄壁
  • CB壁
  • RC梁
  • S梁
利用シーン
  • 柱・壁・梁を配置する為の機能が豊富に用意されています。
  • RC柱には、角柱・丸柱の柱タイプが用意されています
  • RC壁には、直壁・R壁の壁タイプが用意されています
  • S柱には、角型・丸型・H型の柱タイプが用意されています
  • ALC/CB壁では、直壁・R壁に対し、ハッチング処理を施すことが可能です
  • 木柱では、角柱・丸柱に対し、化粧を有無を指定することが可能です。
     また、ピッチ割や本数割で間柱を配置することも可能です。
  • 軽鉄壁では、直壁とR壁に対し胴縁の有無を指定することが可能です。
  • RC/S梁には、直梁とハンチの梁タイプが用意されています
  • 柱・壁の配置方法には、通り芯を基準とした自動配置、フリーハンドによる単独配置、連続入力が容易されています。
  • 中心・寄り・芯ずれなどの寄りタイプや、寄り寸法を設定しておくことで、迅速な配置が可能となります。
建具

建具

  • 金建具
  • 木建具
利用シーン
  • 金建具では、配置時に壁厚・建具内法・建具厚・内部仕上厚・額縁チリ寸法などを設定することが可能です。
  • 木建具では、配置時に建具見込・建具内法・建具見付などを設定することが可能です。
  • 包括処理・線種・線色・倍率設定・方向指定など、様々な配置手法が用意されています。
設備

設備

  • キッチン
  • 和風便器
  • 化粧台
  • ユニットバス
  • 浴槽
  • 洋風便器
  • 小便器
  • 洗面台
利用シーン
  • 標準的な建築設備データを用意しました。
  • 包括処理・線種・線色・倍率設定・方向指定など、様々な配置手法が用意されています。
機能

機能

  • 一括包括
  • 柱包括
  • 一括復帰
  • 建具開口
  • 仕上線
  • 躯体HC
  • 壁包括
利用シーン
  • 一括包括は、RC柱とRC壁に対し、一括で包絡処理を行うための機能です。
  • 躯体HCは、RC柱とRC壁に対し、ハッチング処理を行うための機能です。
  • 柱包絡は、RC柱を包括処理するための機能です。
  • 壁包絡は、RC壁を包絡処理するための機能です。
  • 柱復帰は、RC柱にほどこされた包括処理を解除するための機能です。
  • 壁復帰は、RC壁にほどこされた包括処理を解除するための機能です。
  • 一括復帰は、RC柱とRC壁にほどこされた包括処理を一括解除するための機能です。
  • 建具開口は、RC壁に配置した建具に対し、包括処理をするための機能です。
  • 仕上線は、仕上線を描画するための機能です。面取・角丸め・凹などの仕上げタイプ、躯体に対する破線処理の有無、仕上厚と面取幅などを指定することが可能です。