ZEROCAD 3D

『ZEROCAD 3D』ではZEROCADで描いた図面をBE-Bridgeに変換することで、
簡単に他のCADで3D図面として見ることができます。

BE-Bridge変換

ZEROCADの図面をBE-Bridgeで保存することで、配管などの情報をもった形式のファイルとして
保存されます。
保存されたファイルはBE-Bridgeに対応しているCADソフトで3Dのデータとして見たり、編集したりすることが
できます。

BE-Bridge変換
サポート
メール、電話でのサポート!
遠隔操作でサポート
訪問サポート
ZEROCADの使い方ブログ
お問い合わせ
基本ツール/汎用コマンド

すべてのZEROCADに搭載されている基本ツールです。

その性能、使いやすさをじっくりとご覧ください。

OLE2に対応

ペイントソフトやワープロ、表計算などからCADの画面へ貼り付けができます。

別のアプリケーションからCAD画面へ貼り付けOK
サイドプルダウンメニュー

メニューはすべて日本語表記。
直感的に分かりやすいメニュー構成。
素早く、楽に作業が行えます。

初めての方でも迷わず操作することができます。

ポップアップメニュー

マウスの右クリックで頻繁に使うコマンドが
ポップアップします。

ポップアップメニュー
用紙を傾けて作業

まっすぐな画面が、……ナナメに。
作業効率が上がります。

用紙を傾け作業の効率をアップ!
DXF/DWG/jwC/JWW 入出力

※BMPやWMFもOK。

BMPやWMFもOK
違う縮尺の図面を混在

例えば、1/100の縮尺の図面に、1/30や1/10の縮尺の図面を挿入することができます。

縮図の違う画面の混在が可能
その他
バックアップ機能
作業中に電源OFFやシステムダウンが起きても自動でバックアップします。
日本語TrueTypeフォント
Windowsのフォントが使えるので美しく図面が仕上がります。
パラメトリック部品登録
部品の各辺に変数設定が可能です。数値を入れ変形配置することができます。
無限回数のUNDO/REDO
無制限に作業工程を遡ることが可能です。保存時には、UNDO履歴もバックアップ。
価格につきましては、お気軽にご相談ください。
お問い合わせ

ここに紹介しました機能は、まだまだ、一部でございます。
3DCADに関する詳しい資料は、こちらのページからお問い合わせください。