ZEROCADプロ電気CAD

ZEROCAD 電気CADシステム

申請書や設計図、施工図までを幅広く、誰にも簡単に使えるのがZEROCADです。

『ZEROCAD 電気CAD』 は、電気設備に特化した使いやすい電気CADでございます。
その実力をご紹介致します。

電気設備コマンド
パレット式記号入力

作図に必要な大量の電気記号は、あらかじめ登録してあります。
その中から使用頻度の高いものだけを常時表示しているパレットウィンドウに取り込めるようになっています。

パレット式記号入力
多彩な配線方法

電気シンボル間の結線入力方法には、3点・4点・連続1・連2・4連・R・S字・3直・R 足付があります。
配線の表現に応じて使い分けることができます。

電気シンボル間の多彩な配線方法
記号シンボル変換

画面上に配置した電気シンボルの変更ができます。
変更は指定した領域内のシンボルを一括に行うこともできます。

電気記号シンボル変換
記号シンボル包絡

電気シンボルと配線の重なり部分を自動的に削除処理します。
これにより配線入力時の余分な手間がカットされます。

電気記号シンボル包絡
自動配置機能

指定した領域に、電気シンボルと配線を自動発生することができます。
シンボルは縦の個数と横の個数、及びシンボル間の距離等の数値入力をします。

電気シンボルと配線自動配置機能
技術計算

以下の各種計算を行えます。
照度計算・灯数計算・電圧降下計算・電線サイズ検出計算。
灯数計算では算出された数値を元に、自動配置機能に連動することができます。

技術計算
配線条件・交差表現

属性情報により配線をクリックすると自動的に条数記号が発生します。
配線どうしが交差した時点で交差表現の処理を自動で行います。

配線条件・交差表現
集計機能

画面上に配置した電気シンボル・配線の数量を表示します。
表示された情報は、表計算等のアプリケーションを使用して印刷や編集をすることができます。
また、配置した情報を常時表示し、リアルタイムで数量を確認しながら入力することも可能です。

集計機能
ケーブルラックの自動入力機能

SR、QR、NRなどのタイプ、寸法を入力し、ケーブルラックの経路を引いていくだけで自動でケーブルラックの入力を行います。

ケーブルラックの自動入力機能
基本ツール/汎用コマンド

すべてのZEROCADに搭載されている基本ツールです。

その性能、使いやすさをじっくりとご覧ください。

OLE2に対応

ペイントソフトやワープロ、表計算などからCADの画面へ貼り付けができます。

別のアプリケーションからCAD画面へ貼り付けOK
サイドプルダウンメニュー

メニューはすべて日本語表記。
直感的に分かりやすいメニュー構成。
素早く、楽に作業が行えます。

初めての方でも迷わず操作することができます。

ポップアップメニュー

マウスの右クリックで頻繁に使うコマンドが
ポップアップします。

ポップアップメニュー
用紙を傾けて作業

まっすぐな画面が、……ナナメに。
作業効率が上がります。

用紙を傾け作業の効率をアップ!
DXF/DWG/jwC/JWW 入出力

※BMPやWMFもOK。

BMPやWMFもOK
違う縮尺の図面を混在

例えば、1/100の縮尺の図面に、1/30や1/10の縮尺の図面を挿入することができます。

縮図の違う画面の混在が可能
その他
バックアップ機能
作業中に電源OFFやシステムダウンが起きても自動でバックアップします。
日本語TrueTypeフォント
Windowsのフォントが使えるので美しく図面が仕上がります。
パラメトリック部品登録
部品の各辺に変数設定が可能です。数値を入れ変形配置することができます。
無限回数のUNDO/REDO
無制限に作業工程を遡ることが可能です。保存時には、UNDO履歴もバックアップ。
サポート
メール、電話でのサポートが無料!
遠隔操作でサポート
訪問サポート
ZEROCADの使い方ブログ
価格につきましては、お気軽にご相談ください。
お問い合わせ

ここに紹介しました機能は、まだまだ、一部でございます。
電気CADに関する詳しい資料は、こちらのページからお問い合わせください。